読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジモノローグ

下手のデジモノ横好き

はてブロアプリで入力支援ボタン以外の文字装飾する-見たままモードの場合

この記事は、初期設定の「見たままモード」で編集することを想定して書いています。ほかのモードに変更して使う場合は読み飛ばしてください。

はてなブログアプリの入力支援ボタンからできる文字装飾は少なめだ。
ネットブラウザでの入力支援ボタンでは更に種類が用意されている。
相変わらず出先なので、止むを得ずiPhoneSafariからPCモードで編集してみた。

iPhoneからの更新は想定されていない

PC表示だと全体が見られる代わりに小さく表示される。
画面拡大をすると、各メニューなどがズレてタップしづらくなってしまう。
日付け編集は何とかやれなくもなかった。
しかし肝心の本文が、欄の上部にカーソルが留まったままスクロール出来ない。
この環境からの本文編集は諦めるしかない。

文字装飾した下書きからコピペする

一旦パソコンのブラウザを使うことになるが、いわゆるパレット的な文字サンプルを下書きの中に用意しておく。
アプリでその下書きを開くとスタイルが反映されている。
これをコピー&ペーストして文字を書き換えるというわけだ。
ただ、文字サイズ・文字色・続きを読むはペーストした時点でスタイルが継承されず、標準の文字になってしまう。

はてな記法が効くものと効かないものがある

「脚注」ははてな記法が効くものらしく、ペーストした結果が「((脚注))」(実際はカッコは半角文字)となる。
プレビューしてみると、その部分は*1のように表示され、文末に脚注の内容が表示されている。
「====」(実際は半角文字)で表現できる「続きを読む」も反映されているため、文末はクリックすると見られる。
以下がペーストした結果だ。

ふつう

少し大きい150%

大きい200%

少し小さい80%

斜体

打ち消し線

アンダーライン

太文字

色(赤)

*1

  1. 番号つきリスト

*1:脚注